2010年04月21日

<高速料金制度>民主党の川内氏が異議 足並みの乱れが露呈(毎日新聞)

 前原誠司国土交通相が6月から実施すると発表した高速道路の新たな上限料金制度に対し、民主党の川内博史衆院国土交通委員長が公然と異を唱えた。川内氏に対しては「理解に苦しむ」(平野博文官房長官)、「与党だと自覚して委員会運営にあたるべきだ」(平田健二参院国対委員長)などの苦言も相次ぎ、政府・与党内の足並みの乱れが再び露呈する事態となった。

 川内氏は16日、前原氏と国会内で会い、新料金制度について「大多数の人が値上げになり、再考を要する」と伝えた。川内氏はその後、記者団に「党側に何ら相談なく発表された。まだ制度は『案』だ」と強調した。

 前原氏は今月9日、曜日を問わず普通車は上限2000円などとする新制度を発表。現行の「普通車休日上限1000円」などの枠組みは廃止され、近距離中心の利用者には値上げとなる。政府は従来の割引用財源1・4兆円を道路建設に転用する道路整備事業財政特別措置法改正案を国会に提出。川内氏が委員長を務める国交委は法案審議の場となる。

 新制度は法案には含まれていないが、川内氏は記者団に「国会でやるべきことが出てくるかもしれない」と法案の付則修正などで割引水準の維持を政府側に求める考えも示唆。15日の国交省政策会議で「新制度は良くない。このままなら法案審議が滞る」と警告する発言も行い、同調意見も出たという。

 背景には、衆院選マニフェストで掲げた高速道路無料化と矛盾していると批判されることへの不安がある。馬淵澄夫副国交相は16日夕、国会内で佐藤公治副幹事長ら小沢一郎幹事長側近に新制度を説明したが、参院選への悪影響を考慮し、運送業者向けの激変緩和措置拡充など、制度修正の可能性も出てきた。

 鳩山由紀夫首相は16日、記者団に「土日だけでなく毎日同じ(割引の)シンプルな制度に変える方向性は間違っていない。川内氏も若干誤解がある」と強調した。【坂口裕彦、大場伸也】

【関連ニュース】
高速道新料金:夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ
高速料金:エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
記者の目:高速道路「上限2000円」の新料金=位川一郎
社説:高速新料金 無料を掲げ値上げとは

奈良で工場火災、機械から出火し延焼中(読売新聞)
平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
銀閣寺 修復完了(毎日新聞)
原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増−産業協会調査(時事通信)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)
posted by タジマ ハルオ at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

女性の人生の幸福度「結婚7割、仕事2割?」(産経新聞)

【風・女の生き方】

 《生まれ変わったら私は結婚も出産もしたくないです》と、37歳の女性からメールをいただいた。

 女性は23歳で結婚、26歳で出産を経験した1児の母。しかし育児の苦労や金銭的な負担から、結婚や出産には肯定的になれないという。今は専業主婦だが、ゆくゆくは教育資金を得るために働きに出ることを考えているそうで、《結婚や出産は“勝ち組”とは思いません》と記している。

 数年前、“30代以上、未婚、子なし”を「負け犬」と評する傾向があったように、女性の人生の評価には何かと結婚、出産がつきまとう。勝間和代氏は、女性の人生の幸福度を「結婚7割、仕事2割、その他1割」と定義しており、幸せの大半が結婚で決まるという見方を示している。

 ところが、28歳の筆者は正直ピンとこない。母親からも「早く結婚して子供を産まないと幸せになれないわよ」と口を酸っぱくして言われるが、親心だと理解しつつも、なかなか素直に受け止められないのだ。そもそも「結婚、出産は幸せなのだろうか」と思ってしまう。

 2年半前、東京で暮らす友人(28)が、結婚を機にそれまで働いていた商社を辞めた。退社を強制されたわけではなかったが、「事務職は“寿退社”が暗黙の了解」で、そのまま続けてもキャリアアップが見込めなかったため決断した。

 友人はその後、システム開発会社に再就職したが、「今のポジションを保てなくなるのではないか」と不安を感じ、出産する勇気がわかないという。

 友人は「結婚、出産はタイミングを間違うと幸せになれない。得られるものより犠牲が大きくなるから。今の時代、女も働かないと結婚生活がキツイし、独身なら楽なのにと思うこともある」と打ち明ける。

 厚生労働省が毎年とりまとめている「働く女性の実情」の平成20年版の分析結果では、1年以内に仕事を辞めた大卒以上の女性のうち、およそ5人に1人が「育児」を、10人に1人が「結婚」を離職の理由に挙げている。

 本来は夢を描けるはずの結婚、出産。けれど、女性にとっては厳しい現実も浮かんでいる。(佳)

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
“カツマー”の生き方「結婚、子育てで女性は成長出来る」
そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に
非正規社員ほど結婚難しい 収入不安定、男性は「正規」の2分の1

<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
財政試算示すも「持続性」に不安の声−高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)
<訃報>星川清司さん86歳=直木賞作家(毎日新聞)
posted by タジマ ハルオ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」(産経新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=犬塚陽介】まだ暗い早朝の空をオレンジ色に染めながら、山崎さんらが乗った米スペースシャトル「ディスカバリー」は宇宙へ飛び立った。無事に打ち上げを終え、米航空宇宙局(NASA)の関係者らには安堵(あんど)感が広がった。

 記者会見したNASAのスペースシャトル関係者は、「ほとんどトラブルなしだった。今回の打ち上げは信じられないほど、見事なものだった」と興奮気味に語った。

 日本人初の女性宇宙飛行士で、フロリダ入りしていた山崎さんの両親の付き添い役だった向井千秋さん(57)も「山崎さんはすでに軌道上で、仕事を始めており、ご両親もほっとしていた。彼女は心が強く、やることをきちんとやる素晴らしい仕事をすると思う」と太鼓判を押した。

 文部科学省の坂田東一事務次官も会見で、国際宇宙ステーションに長期滞在中の野口聡一さん(44)と山崎さんの2人の日本人の宇宙滞在は「日本の宇宙技術の進歩を象徴するものだ」と胸を張った。

【関連記事】
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
“シャトル卒業”日本の有人宇宙開発に転機
最後の日本人搭乗 広がった活躍の場
山崎さんの長女「宇宙で頑張ってほしい」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)
<サル>ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
「茨城美少女図鑑」第2弾、モデルが配ってPR(読売新聞)
<訃報>小山千鶴子さん98歳=小山勇中日新聞社顧問の母(毎日新聞)
<出入国管理基本計画>「外国人活用」議論の必要性盛り込む(毎日新聞)
posted by タジマ ハルオ at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。