2010年04月03日

「大変、残念」長官銃撃事件時効に中井国家公安委員長(産経新聞)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効を受け、中井洽国家公安委員長は30日、閣議後の記者会見で、「時効を迎えたことはたいへん残念。この事件の調査のあり方と反省を踏まえて二度とこういう悔しい、威信にかかわる事件の捜査が時効になることがないよう体制の強化に全力をあげてほしい」と述べた。

 また、警視庁の公安部長が犯人を特定できなかったにもかからわず、オウム真理教信者の犯行と言及したことについては「かつてない発言だが、くやしさがにじみ出ていると思う。消去法からそこしかないとの確信もあるのだろう。犯人を特定できなかったことへ反省もして異例の発表になったのだろう」と語った。

【関連記事】
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

呼吸ケアチームの認定看護師、「集中ケア」分野など想定(医療介護CBニュース)
国民新党が敏いとう氏擁立(産経新聞)
ギタアリヤちゃん一時帰国(産経新聞)
普天間 「2段階移設」で交渉 シュワブ→ホワイトビーチ 政府方針 (産経新聞)
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)
posted by タジマ ハルオ at 02:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。