2010年02月26日

強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル−東大医科研など(時事通信)

 強毒性のH5N1型鳥インフルエンザと人の季節性インフルエンザ(H3N2型)のウイルスを組み合わせると、より病原性の高い混合ウイルスが出現しうることを、河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授らのグループが23日までに明らかにした。さらに、この場合に鍵を握る遺伝子も突き止めた。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 従来の研究では、同様に作られたウイルスの病原性は元のH5N1より弱まっており、強毒ウイルスは生まれにくいと考えられていた。同教授は「新型の登場でH5N1の存在が忘れられているが、監視を続ける必要がある」としている。 

<函館政務調査費>住民側の請求一部棄却 最高裁(毎日新聞)
【単刀直言】平野貞夫元参院議員 「反小沢」を煽る渡部さん(産経新聞)
チーズ、生クリーム増産に交付金=バターからの転換促す−農水省(時事通信)
<鳥インフル>「感染経路特定できず」愛知・豊橋(毎日新聞)
金剛峯寺新法印に田島大僧正(産経新聞)
posted by タジマ ハルオ at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。