2010年03月24日

採用ポスター1万枚回収=陸自商標権侵害の恐れ−埼玉県警(時事通信)

 埼玉県警は18日、採用試験のポスターに使用したキャッチコピーが陸上自衛隊の商標権を侵害する恐れがあるとして、ポスター約1万枚の回収を始めたと発表した。キャッチコピーは「明日のために。未来のために。守りたい、『ひと』がいる。」で、陸自の「守りたい人がいる」と類似している。
 県警は、採用試験のポスター作製の際に複数の業者からキャッチコピーの案を募り、その中から選定した。問題となったキャッチコピーは2009、10年度のポスターで採用された。10年度のポスターは約600万円を掛けて作製され、一部がJRや東武電鉄の電車内、地下鉄の駅構内などに掲示されている。
 県警によると、このキャッチコピーについての商標権を業者に確認したが、提案した業者から「特に問題がない」と回答されたという。今後の採用ポスターについては未定としている。
 県警警務課は「警察で(事前に)確認できなかったことは遺憾」とし、陸自側は「謝罪を受け、回収するということなので、コメントは特にない」としている。 

小林氏陣営に提供1600万、北教組口座から(読売新聞)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)
<鳩山元総務相>自民離党 邦夫氏、孤独な戦い 与謝野氏、園田氏が距離(毎日新聞)
近くの人がAED、効果明確=社会復帰率は2倍−不整脈患者で調査・京都大チーム(時事通信)
月末の日米外相会談で提示せず=普天間移設先−平野官房長官(時事通信)
posted by タジマ ハルオ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。